初心者が稼ぐには|マンション投資で確実に利益を上げるためには情報収集

マンション投資初心者が安定して稼ぐために必要なこと

運用をどう進めていくべきか

マンションを購入し、実際に運用しながらマンション投資の流れについて学んでいくことは可能ですが、あまり効率がよくありません。マンション投資を始める場合は、実際にどのようにして運用していくのか予め確認しておきましょう。マンション投資の運用中の大まかな流れについて紹介していきます。

マンション投資の運用中の流れ

入居条件を決める

マンションの購入が完了したら、まずは入居者の募集を行なう必要があります。立地が良くても、良いマンションでも、入居者が決まらなければ利益は発生しません。なので、募集をかけるために家賃などの入居に関する条件を決めましょう。

入居者を募集する

家賃などの入居に関する条件が決まったらいよいよ入居者の募集を行っていきます。自分で募集をかけることも出来なくはありませんが、手間もかかりますし効率も良くありません。手数料などはかかりますが不動産会社に一任した方がいいでしょう。

メンテナンス

無事に入居者が決まったら毎月利益が発生するようになります。ここで安心してしまう人が多いのですが、マンションの運営には定期的なメンテナンスも必要です。マンションなどの建物はどうしても劣化していくものです。入居している人が気持ちよく生活していけるようメンテナンスを行っていきましょう。

退去と新しい入居者の募集

長い間マンションを運営していると退去者が出てきます。就職や結婚などに伴うものなのでしょうがないことではありますが、長い間空室の状態が続くのは非常にもったいないので、早めに募集を出して、出来るだけ早めに次の入居者が決まるよう対策していきましょう。

初心者が稼ぐには

模型を持つ人

区分マンション投資を選ぶ

今までマンション投資を行ったことがない初心者の方がマンション投資に挑戦する場合、区分マンション投資と呼ばれる方法で挑戦することをおすすめします。区分マンション投資というのは、マンション全体を購入し、所有するのではなく、部屋単位で所有して入居者を募集するようなマンション投資の方法になります。

区分マンションの投資の魅力

区分マンション投資には、初心者に嬉しい魅力がたくさんあります。まず、一番の魅力は少額で始められるというところではないでしょうか。また、借り入れをして投資にあてる場合、借り入れの額が少なくて済むのである程度リスクをコントロールすることも可能です。さらに、様々な立地のマンションの部屋を購入することでリスクの分散もできますね。

大都市圏の中古マンションが狙い目

初心者が区分マンション投資を行っていく場合、大都市圏にある中古のマンションが狙い目になります。大都市圏にある中古マンションは、手ごろな価格で買い付けることが可能ですが、大都市という立地条件の良さもあって高い収益性が期待できます。

どういった物件を選ぶべきか

マンション投資を行う上で怖いのが、地震による建物の倒壊です。地震によりマンションが倒壊してしまうなどの影響が出ると投資どころではなくなってしまいます。なので、そのリスクを少しでも減らすために耐震基準の優れた物件を選ぶようにしましょう。特におすすめなのが、昭和56年以降にできた物件です。昭和56年以降にできた物件は一番新しい耐震基準を満たしていて、震度6強の地震でも倒壊しない、とても頑丈な建物になります。このように頑丈な物件を選ぶことで地震によるリスクを減らすことができるわけです。

広告募集中