不動産投資の種類|マンション投資で確実に利益を上げるためには情報収集

不動産投資にはマンション投資などいくつかの種類がある

不動産投資の種類

マンション

REIT

物件を購入しない新しい形の不動産投資、REIT(リート)。REITは投資信託で、物件ではなく不動産会社の銘柄を購入する形になります。その資金を元手に不動産会社がビルなどの開発を行い、その運用実績に応じて配当金などにより収益をあげることができます。実際にマンションなどの物件を所持して運用していくわけではないので不動産投資の醍醐味を存分に味わうことは難しくなってきますが、物件を購入するよりもかなり安く始めることができるといった魅力があります。

ワンルームマンション投資

低い予算からはじめることができる、不動産投資の入門編としておすすめの投資方法。中古の物件を購入すれば数百万円の初期投資ではじめることができます。ワンルームとなっていますが、ワンルームのマンションだけが対象ではなく、さまざまな間取りのマンションが対象となります。ワンルームマンション投資は初心者でも挑戦しやすいものですが、立地や建物の構造などについても勉強する必要がでてきます。

マンション投資に関する疑問

地震によるリスクはどう回避するべきでしょうか?

地震による建物の倒壊や地震によって引き起こされる火災が原因での建物の全焼などはマンション投資を行うオーナーさんにとって最悪の事態です。そうならないためには、購入する物件の耐震強度をしっかりと確認する必要があります。最近は大きな地震が起きることも多くなってきているので、耐震強度の高い建物を選ぶようにしましょう。

広告募集中