不動産投資について|マンション投資で確実に利益を上げるためには情報収集

マンション投資は投資方法としてなぜ優秀だと言われているのか

不動産投資について

間取り

投資計画を立てやすい

マンション投資などの不動産投資はその他の投資方法と比べ、投資計画を立てやすいという特徴があります。投資の代表的な存在である株やFXは不確定な要素が多く、収入を得られるかどうかが不確定なので投資の計画を立てるのも困難になります。その点、不動産投資はある程度収入の予想ができるので計画を立てやすくなります。

リスクのコントロールが可能

リスクのない投資方法というのは存在しませんが、リスクを自分でコントロールできる投資方法は存在します。それが不動産投資です。例えば不動産投資を行ううえで怖い存在となる地震のリスクに対しては耐震強度の高い物件を選ぶことでコントロールできますし、空室のリスクは計画を立てつつ不動産と協力して募集を行っていくことでコントロールできます。こういったリスクコントロールができるところも不動産投資が優秀な投資方法と言われる理由の一つです。

必ず収益が上がり手間がかからない

不動産投資は入居者さえ決まっていれば収益が発生します。必ず収益が発生するというのはリスクが少なく、投資方法としてかなり優秀だと言えますね。また、不動産投資は他の投資方法と比べて圧倒的に手間がかかりません。株などは常に情報を集め、マーケットに目を光らせておく必要がありますが、不動産投資の手間と言えば空室が出たときやメンテナンスが必要になったときぐらいです。

物件を売却するときの流れ

相場を確認する

現在所有している物件を何かしらの理由で売却することになったら、まずは自分の所有している物件が大体いくらぐらいで売却できるのか、相場を確認しましょう。大体の相場を確認しておくことで安く手放してしまうリスクを軽減することができます。

不動産会社を見つける

大体の相場が確認できたら、買主の募集を行うための不動産会社を探しましょう。多少の手数料は必要になりますが、不動産物件は鮮度が命です。時間が立てば立つほど物件としての価値は下がっていくので、一日でも早く買主を見つける必要があります。

購入者と交渉する

あなたの物件を購入したいという人が見つかったら、売却に関しての交渉を行っていきましょう。大体の売却価格は募集を出す時点で決まっていますが、交渉により変更することも可能です。もちろん価格だけでなく、その他の条件についてもしっかりと交渉を行っていきましょう。

物件を引き渡す

交渉が完了し、代金を受け取ったら、いよいよ物件を買主に引き渡していきます。引渡しに関する登記などの手続きの対応は不動産によって異なりますので、確認して手続きを行っていきましょう。マンションなどの場合はその他に入居者もいるので、設備の利用方法や注意点などもきちんと伝えるようにしましょう。

広告募集中