マンション投資に役立つ資格を取得して投資を有利に

リスクについて理解しておこう

マンション投資を行ううえで理解しておいてほしいリスクについて紹介しています。リスクを正しく理解し、対策を行っておくことは非常に重要です。空室のリスクや滞納のリスクなどマンション投資で起こる可能性の高いリスクについて確認しておきましょう。

マンション投資のリスク

no.1

空室のリスク

マンション投資を行っていくうえで、一番怖いリスクは空室のリスクです。どれだけいい物件だとしても入居者が決まらず空室のままでは当然ですが収入は入ってきません。そのため、「退室の際は何ヶ月前までに連絡を入れる」などの条件を予め定めておいて、退室者が出た場合にもすぐに次の入居者が決まるような仕組みを作っておくことが大切です。

no.2

滞納のリスク

次に怖いのが滞納によるリスクです。賃貸マンションなどで投資を行う場合、毎月の家賃が回収できないと収入を得ることができなくなってしまいます。そのため滞納者には怒りを覚えてしまう人も少なくありませんが、法律上すぐに追い出すといった対策をとることもできません。管理会社にお願いしたり、こういった代金の回収を行っている専門業者に依頼するなどしてリスクを回避する必要があります。

no.3

価値下落のリスク

次にランクインしたのが価値の下落によるリスクです。売買用の物件でも賃貸用の物件でも価値が下がってしまう可能性は常に存在します。価値が下がってしまうということは収入が減るということです。資産価値の低下は長期的にみるとしょうがないものではありますが、人気の地域の物件や人口の多い都市にある物件を選んぶことである程度コントロールすることはできます。

マンション投資の購入までの流れ

情報を収集する

マンション投資を成功させるためにも、まずは情報を集めなくてはいけません。どの地域のどのマンションを購入すればどの程度の収益が発生するのかといった情報をしっかりと集めるようにしましょう。また、不動産会社に関する情報も集めておくといいでしょう。

不動産会社を選ぶ

マンション投資において不動産会社選びもとても重要になってきます。どういった物件があるのかといったことはもちろんですが、その不動産会社に任せたらどういったことが期待できるのか、またどこまでサポートしてくれるのかといったところまで確認してから選ぶようにしましょう。もちろん手数料についても、確認しておく必要があります。

物件を選ぶ

いよいよ購入するマンションを選んでいきます。情報収集の段階で集めた情報をふまえて、希望の条件を不動産会社に伝えましょう。このとき紹介された物件が、事前に収集しておいた相場よりも極端に高かったりする場合は不動産会社が自社の利益だけを優先している可能性があるので注意が必要です。

収支の計画を立てる

購入する物件が決まったら収支計画を立てていきましょう。収支計画をおざなりにしてしまうと目標の収益を上げることができないばかりか、大きく損してしまうことにもなりかねません。税金などもしっかりとふまえた上でぬかりない収支計画を立てていきましょう。

マンションを購入する

収支計画を立てて、毎月しっかりと収益を得られることが確認できたらいよいよマンションを購入していきます。このとき行う売買契約には非常に重要な事項がたくさん含まれているので、しっかりと説明を聞くのはもちろん、わからないことがあれば質問して確認するようにしましょう。

[PR]

大人気の不動産投資セミナー情報!
投資に関する知識を身につけておこう

マンション経営に必要な知識を一挙大公開♪
定期的に専門セミナーを開催!

投資マンションの情報
スタッフが色々説明してくれる 不動産投資なら初心者でも安心
色々な情報が調べられる コインパーキングの経営を相談
親身になって話を聞いてくれる

投資に役立つ資格

マンション

宅地建物取引士

不動産に付随する取引に関しての専門家である宅地建物取引士。不動産業を行う上で必要になってくる資格で、大金が絡む不動産取引には欠かせない資格です。この宅地建物取引士の資格を保有しておくことで、物件や物件の設備に対しての目利きが行えるようになるので、優良な投資物件を見つけることができるようになります。

マンション管理士

自身が保有するマンションの価値をできるだけ高い状態に保っておきたいときおすすめなのが、「マンション管理士」の資格です。マンション管理士はマンションの価値を保っていくために必要なメンテナンスなど、マンション管理に関するあらゆる知識に精通しています。

[PR]

広告募集中